KaQiita

新米 Web エンジニアが適当なことを書いてます。温かく見守ってやってください。

DRY 原則の適用範囲はコードに留まらない〜『プリンシプルオブプログラミング 2.2. DRY』を読んで〜

「プリンシプルオブプログラミング」の「2.2 DRY」を読みました。その感想・学びを書いていこうと思います。


DRY とは「Don't Repeat Yourself.」の略で、コードの重複は避けるべきという原則でご存知の方がほとんどだと思います。

今回本を読んでなるほどなと思ったのは、タイトルにもした「DRY 原則の適用範囲はコードに留まらない」ということです。

日々の業務でも DRY 原則を適用させるべきケースがたくさんあります。

定常で発生する雑務やログの集計作業など似たような作業にも DRY 原則をしっかり適用して自動化することで、「手作業の負担がなくなる」「作業が正確になる」「人によるばらつきがなくなる」といったメリットが多くあります。

何となく惰性で毎日なんとなく手動で行っていることは意外と多いように思えるので、これを機に見直していけると良いなと思いました。

またコードの話に戻りますが、DRY はあくまで原則なので例外もあります。

コードを書いている中でも「テスト」に関しては DRY 原則を捨てた方が良いケースがあります。

このことについては、少し古い記事になりますが以下の記事に分かりやすく解説されています。

qiita.com

以上、今日は DRY 原則についてでした。