KaQiita

新米 Web エンジニアが適当なことを書いてます。温かく見守ってやってください。

シンプルなコードを書くには努力が必要〜『プリンシプルオブプログラミング 2.1. KISS』を読んで〜

「プリンシプルオブプログラミング」の「2.1 KISS」を読みました。その感想・学びを書いていこうと思います。


KISS とは「Keep It Simple, Stupid.」もしくは「Keep It Short and Simple.」の略で、「単純性」「簡潔性」を最優先の価値とする考え方です。

シンプルなコードは読みやすいです。そして読みやすいコードは良いコードです。

www.kaqiita.com

なのでコードをシンプルに保つことはとても大切なことだと思います。

しかし本にもある通り、コードは無秩序に向かいがちで気をつけていないとすぐに複雑になっていってしまいます。

複雑になる理由は色々あると思いますが、私の経験上だと多いのはそもそもの要件・仕様が複雑ということです。

こういったときは、コミュニケーションを怠らず Biz としっかり話し合ったり、ユーザーに聞いてみたりしてそもそもの提供するべき価値を明らかにし、その価値を提供するために真っ直ぐな要件にしにいかないといけないなと日々感じます。

あとはボーイスカウト・ルールで直していく、コードレビューで複雑なコードは皆でチェックしあって差し戻すということを地道にやっていくしかなさそうです。

システムをシンプルに保つことは大切なことだと頭では分かっていながらも、つい疎かにしてしまうことなので、今後も胸に刻み込んでいきたいなと思いました。