KaQiita

新米 Web エンジニアが適当なことを書いてます。温かく見守ってやってください。

「やりたいこと」や「将来なりたい像」を聞かれたときに困ってしまう方へ

はじめに

最近チームを持つようになったり、学生さんの面接を担当させていただくことが多くなったりして「○○さんのやりたいことってどんなことですか?」「10 年後どうなっていたいですか?」というようなことを聞く機会が増えてきました。

しかし人に聞いておいてなんですが、私自身はこのような類の質問をされるのがとても苦手です。

人生賭けてでもどうしてもやりたいと言い切れることなんて特にないですし、将来どうなりたいかと言われても漠然と「幸せになりたい」くらいしか出てこず、さらに「どんな状態が幸せなのか」と一段深掘っても「うーん、今も割と幸せだからなぁ。どうなると良いんだろうなぁ。」とそこで深掘りが終了してしまいます。

これは自分特有の悩みだと思っていたのですが、周りにこの悩みを打ち明けてみると結構共感されることが多かったので、私なりのこの悩みの解決策について書ければと思います。

結論

結論としては「やりたくないこと・将来なりたくない像を挙げていく」というのが私には合っていました。

「やりたいこと」を考えるときは、まずは「やりたくないこと」を挙げていって「これらのやりたくないことをやらないようにするためにはどうすれば良いのか」と考えていってそこから挙がったやるべきことを「やりたいこと」と置くようにしました。

「将来なりたい像」を考える際も「将来こうはなっていたくない」という状態から考えていき、「なりたくない像」の裏返しを「なりたい像」とすると自分でも納得できるものを言語化できました。

なぜ「やりたくないこと」や「なりたくない像」を考えると良いのか

やりたいこと・将来なりたい像が出てこない要因は 2 つあると考えています。このどちらの要因に対しても「やりたくないこと」や「なりたくない像」を考えるというアプローチは適しています。

今が割と幸せだから渇望する WILL が出てきにくい

今の生活に特段不自由を感じておらず割と満たされているので「絶対に将来こうなりたい」というのが出てこないというものです。

このような場合は「今が幸せ」なのであれば「今後もこの幸せが継続するように努力すべき」だと考えます。

それには幸せが継続しなくなるリスクを排除する必要があるので、「やりたくないことをやらないようにするには?」「なりたくない像にならないようにするには?」という問いは自分の人生を幸せに生きるための核心を捉えた問いになります。

今の仕事にいっぱいいっぱいで未来のことを考える余裕がない

まだ現在の仕事について間もない場合だと、仕事をこなすだけでいっぱいっぱいで「やりたいこと」や「将来なりたい像」などを聞かれても考えることは難しいと思います。

この場合も「将来なりたくない像」から考えると「このまま仕事ができないままなのは嫌だ」となり、より仕事をうまくこなしていくためにはどうすれば良いかと思考が前進しやすいかと思います。

終わりに

「やりたくないこと」や「なりたくない像」を考えるというアプローチは一見ネガティブにも捉えかねないですが、思考を前進させるために上手い頭の使い方だと思っています。

やりたいことがないこと自体にコンプレックスを抱えてしまう方もいるかと思いますが、崇高なものを考えようとしすぎていたり、考え方を知らないために言語化できていなかったりするだけで本当はあるという場合も多いので、この記事が少しでも参考になってもらえると嬉しいです。