KaQiita

新米 Web エンジニアが適当なことを書いてます。温かく見守ってやってください。

Ruby Gold を取得したので勉強法についてまとめる

はじめに

趣味の資格取得で 1 月は Ruby Gold を取得しました。

f:id:KakkiiiiKyg:20200203203302p:plain

普段から業務で Rails を使っており Ruby はよく書いていたので、どれくらい理解できているのかを確認したいと思い受けてみることにしました。

一切勉強せずに受けるのもどうかと思い、一応少し勉強しました。

この記事では、Ruby Gold についてのその勉強法についてさらっと書こうと思います。

Ruby Gold とは

Ruby Gold とは、「Ruby 技術者認定試験」と呼ばれる試験の1つです。

この試験には Silver と Gold があり、Ruby Gold は Gold の方になります。

公式サイトを見てみると、Ruby Gold は以下のように説明されています。

Silver で求められる範囲(文法、オブジェクト指向、組み込みライブラリ、実行環境など)を更に掘り 下げた知識に標準添付ライブラリ知識やアプリケーション設計に必要となるクラスやオブジェクトに関する知識を追加し、Ruby によるプログラム設計技術を持つことを認定します。

Silver の内容も含んだ試験になっており、Ruby Gold は Ruby Silver を合格しないと受験できない試験になっています。

因みに、Silver の説明は以下のような感じです。

Ruby の文法知識、Ruby のクラスとオブジェクト、標準ライブラリの知識について、基本的な技術レベルを持つことを認定します。

Gold を取得したので、当然 Silver も以前に取得しました。

勉強法

試験勉強として、以下の 3 つに取り組みました。

メタプログラミングRuby

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メタプログラミングRuby第2版 [ パオロ・ペロッタ ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/2/3時点)


まずは、この本が試験範囲をかなり網羅しているらしいので読みました。

特に 5 章までの内容が試験に出ることが多く、この内容を理解しておけばかなりの問題が解ける or 解説を読めば理解できるようになりました。

また普段の業務でも使えるような知識が多く、読んでとてもためになる本でした。

Ruby技術者認定試験合格教本


この試験の教科書になります。

そもそもあまり評判の良い本ではなく、自分でもぱらっと見てみましたが時間を掛けて読むようなものでもなかったので、巻末の練習問題だけ解きました。

実際の試験でも、この本の練習問題に似た問題が多く出題されました。

RubyExamination

rex.libertyfish.co.jp

最後の仕上げとして、こちらのサイトでひたすら問題を解きました。

実際の本番より難しめの問題が多かったですが、知識の確認になりとても勉強になりました。

終わりに

かなり試験勉強をしているような書き方をしましたが、勉強したのは前日だけであまりちゃんと時間をとって勉強することはしませんでした。

1 年以上実務で Ruby を書いている人は、さらっと問題を解くだけで合格できるかと思います。

逆に普段 Ruby を書いていない人にとっては、割と勉強しないといけないことが多く、個人的にはちょうど良い難易度だなぁと思いました。