KaQiita

新米エンジニアが適当なことを書いてます。温かく見守ってやってください。

アドレスバーに URL を打ち込んでからページが表示されるまで

はじめに

「アドレスバーに URL を打ち込んでからページが表示されるまでに何が起こっているのか」を最近勉強したので、ここにまとめておこうと思います。

このテーマは、その人の技術への理解度によって「どれぐらい深く説明できるか」が大きく変わってくるようなテーマですが、ここでは一旦自分が理解できた範囲でなるべく細かく書いていきます。

これからさらに勉強が進む中で、これ以降もどんどん説明が詳細化していけると良いなと思います。

ページが表示されるまでの 6 ステップ

現時点での理解では、ページが表示されるまでに 6 つのステップがあると考えています。

それは以下の 6 ステップです。

  • DNS による名前解決 www.kaqiita.com
  • 3Way-Handshake による TCP 通信コネクションの確立
    • IP アドレスが分かることで TCP 通信を行える
  • TLS による通信の暗号化
    • 万が一通信を傍受されても中身を盗み見されないようにする
  • サーバーへの HTTP リクエスト送信
    • 閲覧したいページをサーバーに要求する
  • Render Tree 構築
    • サーバーから返ってきたページをブラウザで閲覧できるようにする
  • 3Way-Handshake による TCP 通信コネクションの切断
    • 通信を終了する

各ステップについてはそれぞれ別の記事にまとめていきます。

一週間に一テーマでなるべく書いていくようにしよう。

参考文献